previous arrow
next arrow
Slider

浮気調査が失敗するケースとは?素人による調査にありがちなこと

こんにちは。社長の川原です。

我々の仕事における最大のタブーは、対象者に浮気調査がバレてしまうことです。万一気づかれてしまった場合、その後の調査やご相談者様の生活に次のような影響が出ます。

 

①対象の警戒心が強くなり、調査を続行することが極めて困難になる。

②ご相談者様と調査対象者との関係が破綻する。

③訴えられたり、警察に相談されたりしてしまう。

 

我々の業務で最も大切にしていることは、張り込みや尾行に気付かれないための技術向上・研究です。また、ご相談者様からの協力も十分に得る必要があります。素人による浮気調査の失敗例と、我々が調査時に徹底していることの一部をご紹介します。

 

素人による浮気調査の失敗例

探偵と呼ばれる人物は、必ずしもプロとは限りません。探偵業の許認可・公安委員会への書類提出の2ステップを踏めば、誰でも「探偵」と名乗れます。昨日までは内勤のサラリーマンだったという人物も、なかにはいるでしょう。研修未受講で経験もない所謂「素人」による調査では、次のような失敗例があります。

 

失敗例①尾行時に深追いしてしまう

もっとも多い失敗例です。

繁華街やオフィス街なら、同じ車や人物が近くにいても気づきにくいものです。これがホテル街や住宅街へと歩を進めると、何気なく周囲の人物を観察してしまうのが人間の性です。

決定的瞬間を逃すまいと追いかけまわし、深追いした結果「怪しい人物」だと気づかれてしまう。このようなことは、素人にありがちなことです。

 

われわれプロが対象に張り付く際は、下準備を入念に行います。尾行する時間帯や街の雰囲気に合わせて、マニュアルや経験に沿った徹底的なカモフラージュを行います。気分に任せて深追いすることは、気づかれる可能性が一気に跳ね上がるため、原則としてNG行為としています。

 

失敗例②機材やスキルに投資しない・なるべくお金をかけない

近年発売されるスマホは、どれもカメラの性能が極めて高いものばかりです。素人でも風景や建物を見栄え良く撮影できますし「わざわざカメラにお金をかける必要はない」と考える人が増えました。「無音カメラアプリ」なるものもありますし、接近して撮影することも一見問題なさそうです。

 

しかし、スマホで証拠を押さえようとする例のほとんどが失敗します。

  • 望遠や暗視機能に乏しいため、尾行がバレない距離から鮮明に撮影することが出来ない。
  • カメラを掲げているところを周囲の通行人に見られ、警察や警備会社に通報される。
  • 高性能なカメラを使っても、撮影技術に乏しく思うように撮影できない。

 

スマホのカメラ機能が高級カメラに追いつけていないポイントは、望遠・暗視機能の2点です。気づかれない距離から・情事が行われることが多い夜に撮影するには、どちらの機能も欠かせません。

 

浮気調査の際、単に高級カメラを使えばよいというわけではありません。リテイクなしで、遠方から鮮明に撮影することは、カメラの性能に関わらず難しいことなのです。我々は撮影技術についても定期研修を行い、対象に警戒されない距離からタイミング良く撮るテクニックを身につけています。

 

失敗例③盗聴・盗撮する

相手のごくプライベートな空間に無断でGPS・カメラ・録音器具などを仕掛けると、刑事事件に発展する可能性があります。万一気づかれた場合、逆上した対象者に報復されるという最悪のケースも考えられます。浮気をする人は警戒心が普段以上に強く、こうした盗聴・盗撮器具に詳しいといった場合も少なくありません。通販や電気街で購入したものを迂闊に仕掛けると、あっさり看破されます。

相手のスマホと常に同期される「クローン携帯」も、不正アクセス禁止法のもとに違法と見なされます。素人が知識なしで行うのは、大変危険です。

 

 

 

失敗を防ぐ鍵は相談時にあり

ご相談時、皆様に常にお願いしていることがあります。それは、自力で浮気調査したかどうか・浮気に感づいた経緯の2点です。

すでに警戒心を持っている状態の相手に浮気調査を仕掛ける場合、相応のテクニックと最新の注意をもって臨む必要があります。そのため、婉曲したり隠したりせず、これまで浮気疑惑についてご相談者様自身が起こしたアクションを全てお話しいただいております。すでにアクションを起こしているかたの場合、次のような例が多く見受けられます。

 

  • スマホのロックを勝手に解除して覗き見た。
  • 部屋や車を無断で確認した。
  • 浮気相手と考えられる人物に接触してみた。

 

どの場合も、対象が「浮気に気付かれているかも」とはっきり意識している可能性が十分あります。相談者様にも協力していただいて、警戒心を解かなければなりません。

浮気調査は初動が全てを決めると言っても過言ではなく、さらに

 

「初動がよければ、すでにかなり警戒されている場合でも成功する可能性がグッと上がる」

 

とも言えます。すでに自力で調査していた場合・疑っていることに気づかれてしまっている場合、いずれにしても我々を信じて全てお話しください。

 

浮気調査サイト


浮気調査は一度失敗すると、その後様々な悪影響があります。我々プロが最も注意を払っていることは、相手に気付かれない・証拠確保のチャンスを逃さないことの2点です。過剰な尾行・事前に投資しない・違法な行為を行う等の失敗は、最悪の場合刑事事件に発展しかねません。我々はこうした素人による調査の失敗例も研究し、テクニック向上・研修に生かしています。自分でアクションを起こしてみようと考えている人に、よくある「ずさんな調査の例」を共有します。

更新日:

Copyright© 浮気調査興信所社長ブログ - 浮気調査探偵興信所(探偵事務所) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.